読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎屋の技術メモ

IT業界で働く中で、気になること、メモしておきたいことを書いていきます。

java(JDK)をインストールしないで利用する

Windowsで複数バージョンのJDKを入れたい場合など、インストーラからインストールできない。ここでは、インストーラを使用せず、JDKをマシンに入れる方法をメモしておく。

インストールしちゃうと「バージョンアップしろ!」とかうるさいしね。

JDKダウンロード

ここからJDK8のインストーラをダウンロードする。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.htmlJava SE Development Kit 8 - Downloads

自分の環境に合わせて64Bitか32Bitを選択する。下の赤枠は64Bitバージョン。

f:id:yyama1556:20160716102732p:plain

解凍

ダウンロードしたファイルの名前は[jdk-8u91-windows-x64.exe]のような感じ。バージョンにより、少し違う場合もある。

拡張子を.zipに変える。たとえば[jdk-8u91-windows-x64.zip]。

そして解凍するのだが、Windows標準の解凍機能ではなぜか解凍できない。7zip等を別途インストールして解凍する。

7zipの入手はこちらから。

sevenzip.osdn.jp

解凍すると[tool.zip]というファイルが1つだけ出てくる。こちらはWindwos標準機能でも解凍できる。

解凍後のファイルたち

f:id:yyama1556:20160716104553p:plain

これらのファイルとフォルダを好きな場所に移動する。たとえば[D:\opt\jdks\jdk8u91\]。

環境変数の設定

システム環境変数のPATHに移動したフォルダのbinを追加する。たとえば[D:\opt\jdks\jdk8u91\bin]。これで、bin配下のファイルに直接アクセスできる。コマンドプロンプトから[java -version]と打って、バージョン情報が表示されたらOK。

f:id:yyama1556:20160716105106p:plain

もうひとつ、eclipseなどJAVAを使用するアプリケーションにJDKの場所を教えるために、システム環境変数[JAVA_HOME]を作成し、その値にはJDKの場所を指定する。

f:id:yyama1556:20160716110031p:plain

さいごに

参考にした他のサイトでは「unpack200を使用してjarへ変換」とかやっているようだが、最新のJDKでは不要なようだ。

qiita.com


では

即戦力にならないといけない人のためのJava入門(Java 8対応) エンタープライズシステム開発ファーストステップガイド (CodeZine BOOKS)

即戦力にならないといけない人のためのJava入門(Java 8対応) エンタープライズシステム開発ファーストステップガイド (CodeZine BOOKS)

EFFECTIVE JAVA 第2版 (The Java Series)

EFFECTIVE JAVA 第2版 (The Java Series)